遺伝性骨軟骨異形成症
対象
遺伝形式
劣性遺伝(潜性遺伝)
概要
罹患猫は手足や尻尾、あるいは背骨に骨瘤(骨が増殖して瘤の状態になったもの)が発生し、骨の変形を起こします。軽症な場合は無症状ですが、骨の変形が重度になると関節炎を起こし、痛みや跛行といった臨床症状を示します。また、背骨に骨瘤が生じた場合には脊髄を圧迫し、不全麻痺を起こす場合があります。スコティッシュフォールド特有の折れ耳の形質との関連が示唆されており、折れ耳の程度が強い猫は本疾患を発生しやすいと言われています。
予防と対策
本疾患に対する有効な治療法はありません。激しい運動は控えさせ、室内の段差を少なくするなど足への負担を減らす環境を整えてください。痛みなどの症状が出た場合には消炎鎮痛剤を使用し、痛みと炎症を緩和します。
参考文献
Gandolfi B et al. (2016) "A dominant TRPV4 variant underlies osteochondrodysplasia in Scottish fold cats" Osteoarthritis Cartilage. 24(8):1441-150.